理論はいいからお勧めを教えて!という方。↓の解説が専門的で詳しいです。
パート・アルバイトも問題なく審査対象のクレヒスが付けられるクレジットカード

最近カードを何枚も申込みしませんでしたか?嫌われる多重申込。

申込み情報は他社に筒抜け!!
クレジットカード会社は多重申込者を敬遠します。

さて、唐突ですが、
あなたはここ半年の間に、クレジットカードを何件申込みしましたか?

2件?5件?それとも10件以上?

実は、この件数がとても重要です。
なぜなら、この件数が多ければ多いほど、
クレジットカードの発行が難しくなるからです。

「どういう事?なんで?」
と思われると思いますが、理由は簡単です。
過去半年以内に申込み件数が多いと、
多重申込と判断され、カード会社は発行に対して慎重にならざるを得ないからです。
(多重申込は金銭的に困っている人に多いため)

「でも申し込んだのは全部他社だし、
次に申し込む会社には、過去に申し込んだ事実は分からないはずだよね?」

と考えた方は正しいです。

そう、このご時世、個人情報にもうるさいですから、
クレジットカード会社同士が直接情報を交換し合うことはありません。

それでもなぜ申込み情報が筒抜けになってしまうのか…

それは、個人信用情報機関に、
あなたの申込みの事実が登録されるからです。

クレジットカードの申込み書には、
申込み規約として、信用機関に登録する旨が記されています。
つまり、事前に同意の上、申込みが成立するわけですね。

そして審査の際に、あなたの信用情報を閲覧し、
申込みをした事実が記載されます。

すると、クレジットカードの申込みをするたびに
申込みをした事実が増えていきますので、
後から審査する会社からは、状況が一目瞭然なのです。

しかも恐ろしいことに、その申込みの審査が通ったのか
落ちたのかも推測する事が可能なのです。
つまり、多重申込&審査に落ちる人はカード会社から
「この人あちこちで申し込んで落とされてる、
うちも審査落とした方がいいな」

と思われてしまう可能性もあるのです。

注意すべきこと

最もやってはいけない事はこうです。

審査に落ちる

くやしい

別の会社を申し込む

審査に落ちる

「なんで?」と思いまた他に申し込む

多重申込の泥沼に…(審査落ちと申込みを繰り返す)

一般の方は、クレジットカードの審査に落ちると
たいていこの泥沼にはまります。
そして、申込み履歴が増えれば増えるほど、
どんどん審査に通りにくくなってしまうのです。
申し込み件数が5件を超えてくると、
かなり審査に悪影響を与えます。

個人信用情報機関の情報掲載期間を知る

「じゃあすでにたくさん申込みをしてしまったら、
もうずっと審査に通りにくくなっちゃうの?」

いいえ、そんなことありません。
クレジットカードの申込み情報は、
その情報掲載日からたいてい6ヶ月たつと見えなくなります。
そうなると、クレジットカード会社からは分からなくなります。

ですから、申込み件数が増えてしまったら、
半年あいだを空けましょう。
目安としては、申込み件数が5〜10件くらいになったら、
申込みを我慢する戦略がいいでしょう。

半年我慢するのはツライ!という人へ

「半年も待てないよ!」
「近いうちに使う用があるからクレジットカードの申込みしてるんだ!」
という声が聞こえてきそうです。

その気持ち、とてもよく分かります。
今、欲しいから申し込んでいるんですもんね。

ただ、申込み件数が10件以上の場合は待った方がいいです。
そうでない方は、僕がお勧めするフリーター、パート、派遣社員でも申込みOKのカードを試してみてください。
それでだめだったら、半年待つ事をお勧めします。

ホームページは↓から
フリータークレジットカード取得作成ガイド
審査に落ちる確率を大幅に下げる方法や、基本知識
クレジットカードの審査に落ちるという事
あなたは、信用される人ですか?客観的に見るあなたの信用
最近カードを何枚も申込みしませんでしたか?嫌われる多重申込。
フリーターは信用されにくい!?
これで作れる可能性アップ!審査に有利になるコツ
あきらめるのはまだ早い!フリーター断然OKの優良カード会社