理論はいいからお勧めを教えて!という方。↓の解説が専門的で詳しいです。
パート・アルバイトも問題なく審査対象のクレヒスが付けられるクレジットカード

あなたは、信用される人ですか?
客観的に見るあなたの信用

クレジットヒストリーで分かるあなたの信用度

クレジットカードの審査に落ちるという事でも書きましたが、
審査に落ちるという事は、
総合的に信用を得られなかったことにあります。
(そもそもクレジット=CREDITという言葉は信用を意味します。)

カード会社は入会時に審査をし
会員が信用できそうだから立替払いをしている…
という事はなんとなくわかりましたよね。

でも、信用っていったいなんでしょう。
どうやって、何を基準にカード会社は判断しているのか。

そもそも、あなたとカード会社には、
過去に接点が一度も無いかもしれません。
それなのに、どうやって信用できる・できないを
判断できるのでしょうか。

実は、審査の際に大きなウェイトとなるのが、
第三者機関である
個人信用情報機関に載っているあなたの信用情報です
これを見て、カード会社はあなたが
信用できる人物であるかの判断の目安にしているのです。

個人信用情報機関とは?

あなたのクレジット関連に関する様々な情報が掲載されている機関です。
「そんなの今まで掲載するのを許可して無いし、知らないよ」
と思われるかもしれません。

もちろん、何も載っていない、真っ白な状態かもしれません。
しかし、クレジット関連の契約書には、
超極小文字で、信用機関に掲載する旨が記載されています。
そして、その規約を承諾の上申込みをするという事になるのです。

もしかしたらあなたの情報も載っているかもしれません。
特に、ここ半年以内にクレジットカードを申し込んだ人は、
審査の可否にかかわらず、間違いなく申込み情報が載っています。

あなたの信用情報であるクレジットヒストリー

クレジットカード会社は、審査をする際に個人信用情報機関を見ます。
明らかに審査落ちの人(つまり即落ちの場合)以外、絶対見ます。

ここに、過去に延滞や貸し倒れなどの情報が載っていれば、
クレジットカードの発行はかなり難しくなるでしょう。

当たり前ですよね、
過去に延滞した人は、また繰り返す人が多いですから。
一度浮気する人はまた〜(略)と同じ感じですね(汗)

…おっと話がそれました。
つまり、個人信用情報機関にはそんな事まで載ってしまうんです。

過去のあなたのクレジットに関する様々な情報などなど。
これを、クレジットヒストリー(クレヒスと略すことも)と呼びます。
このクレジットヒストリーが良好であれば、
審査に落ちる事もかなり減るんです。

だから延滞してはいけない!

ところで、ブラックリストってきいた事がありませんか?
そう、クレジットカードを持てない人たちですね。

実は、ブラックリストなるリストは、この世には存在しません。
ブラックリストとは、個人信用情報機関に載っている悪い情報の事なのです。
つまり、最も悪いクレジットヒストリーといえます。

クレジットカードが作れなくなったら大変ですよね。
ですから、悪い情報が載る原因となる延滞は、
絶対にしてはいけないのです。
繰り返すとクレジットヒストリーの悪化、
つまりブラックリスト状態になってしまいます。

良い情報になるよう心がけよう!

ちょっと驚かせてしまったかもしれません。
ごめんなさい。

ここで言いたかったのは、延滞をしないで、
今手持ちのクレジットカードが一枚でもあるなら、
大事に使っていきましょうという事です。
それはつまり、良いクレジットヒストリーを積み重ねるという事です。

クレジットヒストリーをつけるのは難しいことではありません。
じつは、
延滞なく使っていけば、何も考えなくても
自然とよいクレジットヒストリーになってきます。

もしあなたが、一枚でもクレジットカードを既に取得していたなら、
その一枚を、延滞をせずに、こつこつと使ってきましょう。

その後、他のクレジットカードを申し込めば、
それだけで審査が有利な方向に向かっていきます。

もしまだカードを一枚も持っていなくて、
クレジットヒストリーをつけようにもつけられなければ、
是が非でも、カードを(少なくとも)一枚以上取得しましょう。
(※フリーターでも審査申込みがOKな会社はこちら

そして一年(長ければなおよい)、クレジットヒストリーをつけてください。
そうすれば、あこがれのカード取得にもぐんと近づくでしょう。

なかには
「僕は○○カードじゃなきゃ絶対イヤなんだ!」
という人もいるかもしれません。
でも、フリーターにとって、銀行系をはじめとする
一部のクレジットカードは、審査が通りづらいのは事実です。

しかし、良好なクレジットヒストリーがあれば、
発行の可能性も大幅に上がります。
本当に欲しいカードの踏み台として、
クレジットヒストリーを磨くための一枚を取得されることをお勧めします。

くれぐれも延滞せず、
良好なクレジットヒストリーを保つように心がけましょうね。

ホームページは↓から
フリータークレジットカード取得作成ガイド
審査に落ちる確率を大幅に下げる方法や、基本知識
クレジットカードの審査に落ちるという事
あなたは、信用される人ですか?客観的に見るあなたの信用
最近カードを何枚も申込みしませんでしたか?嫌われる多重申込。
フリーターは信用されにくい!?
これで作れる可能性アップ!審査に有利になるコツ
あきらめるのはまだ早い!フリーター断然OKの優良カード会社